小書蟲童書坊
 

MOE 日文雜誌 2013年4月號

建議售價:400   優惠價:376
商品無法訂購   
商品編號:7368

作者: 白泉社

繪者: 日文原文

譯者/備註:售完即缺

ISBN:

商品主題: MOE日文雜誌        

適合年齡: 具閱讀日文能力

出版社&品牌:

商品分類: 日文原文童書 / 其他


「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」「あらいぐまラスカル」……、
日曜日の夜、日本中の子どもたちを夢中にさせたアニメーションシリーズを憶えていますか?
降りかかる過酷な運命にも負けずに前を見つめ、心を通わせた動物たちと寄り添って、
一歩ずつ歩んでいった魅力的な主人公たち。
彼らと過ごしたひとときから、人生において大切なことを学んだ人も多いことでしょう。
この度放送開始35周年フェアを迎える「あらいぐまラスカル」を中心に、懐かしい名作アニメ-ションの数々を、
名シーンや名セリフ、このシリーズとともに育ったアーティストたちの言葉を交えて、たっぷりとご紹介します。

●ラスカルが教えてくれたこと
●ラスカルが生まれるまで
●「はるかなるわがラスカル」を訪ねて
●わたしと「あらいぐまラスカル」
●ラスカルとスターリングの思い出の味
●世界名作劇場で育った作家たち スペシャルメッセージ 
高畑勲 合田経郎 福田利之 甲斐みのり 杉浦さやか 川角章子
●世界名作劇場35年の歴史
●あらいぐまラスカルと「世界名作劇場」の最新グッズ

★懸賞 MOEオリジナル ラスカルトートバッグ&世界名作劇場グッズぜんぶセットで100名にプレゼント
★BOOK in BOOK DX 前田まゆみ「野の花ごはん」
やさしくやわらかなタッチの鉛筆画で、春のおなじみの野草を、食材としておいしく食べるレシピをご紹介します。

●新刊書籍発売記念 絵本作家におそわる描き方教室 スペシャル編
絵本作家の描き方を取材した人気連載が、久しぶりに帰ってきました!!
今回は、絵本『りすでんわ』の高橋和枝さん、『ハナノマチ』の大畑いくのさんをはじめ、
気鋭の絵本作家たちが登場! みなさんに、「絵本作家になる方法」について、ずばり聞きました。
その答えに注目してください

●大人も子どもも一緒に楽しめる絵本ガイド えほんであそぼう!
読者が参加して楽しめる、「遊べる絵本」が増えています。動物たちと一緒に変な顔をしてみよう!
という新しい試みの絵本『へんなかお』も、そんな作品のひとつ。この絵本の発売を記念して、
作者の大森裕子さんにお話をお伺いしました。
また、大人も子どもも遊べる、MOEおすすめの絵本もご紹介します。

●童話のような画 南桂子「きのう小鳥にきいたこと」
少女、小鳥、魚、樹、花……生きとし生けるものたちの命が刻み込まれた作品たち。
今年はユニセフのカードでも知られる世界的な銅版画作家・南桂子の生誕100年にあたります。
それを記念して開催されている展覧会から、まるで一編の童話のように心に語りかけてくる作品の数々をご紹介します。

●待望の新連載 杉浦さやか 美術館とさんぽ
おなじみ人気イラストレーターの杉浦さんが、美術館を中心に、アートスポットをのんびり訪ね歩く新連載です。

●物語から生まれたクマのぬいぐるみ ディズニー 新キャラクター UniBEARsity
大きな耳、つぶらな瞳、ふわふわの毛並み……。
この思わず抱きしめたくなるほど愛くるしいクマのぬいぐるみを作ったのは実は学生時代の
ミッキーとミニーだったのです!
そんな楽しいストーリーから誕生したディズニーの話題の新キャラクター、
UniBEARsity(ユニベアシティ)の誕生秘話から最新情報までたっぷりとご紹介します。
とじこみのミニ絵本と一緒にお楽しみください。

●第3回MOE絵本屋さん大賞 贈呈式レポート
2010年に出版された絵本の中から、絵本屋さんが選んだ「第3回MOE絵本屋さん大賞」が月刊MOE2月号にて発表されました。
MOEオリジナルクリスタル楯の贈呈式が2011年1月28日、東京ドームホテルにて開催。
絵本作家さんの受賞コメントをお伝えします。

-------------------------------------------------
●好評連載
-------------------------------------------------
MOEおすすめ 今月の絵本と展覧会
MOEイラスト・絵本大賞発表
ワンワンちゃん/工藤ノリコ
新連載 コウちゃん、あそぼ。/タロウとジロウ
そのようにみえた/いしいしんじ
ペンと猫と雑木林/どいかや
すずめや帖/雨宮尚子
あとがき/加藤久仁生
PEOPLE〔今最も旬なひと〕いしかわこうじ
FAVORITE〔私のお気に入り〕高畠那生
SKETCH〔ねこ日記〕高橋和枝




日文繪本提供中文翻譯,請參考 手手部落格 關於日文書的翻譯問題